half36

リタイアゴルファーのつぶやき

昔馴染みの活躍

日本プロで五十男の谷口優勝はゴルフの本質と醍醐味を教えてくれた。

ビリケン君には可哀想な気もするが、コレがゴルフの面白さだろう。

PGAでもタイガーがもしかしたら?の活躍に興奮してしまった。





実際の自分のプレーは嗚呼!痛い!の嘆きゴルフで情けない。

坐骨神経痛くらいはあるだろうと割り切るしかないが、

変なところで年齢を感じるのは嫌なものだ。

谷口やタイガーのように経験の積み重ねで、

思うようなゴルフなら良いがチョット残念な週末だった。


妻は天気が良いので、

家庭菜園に体を動かすと言う。

今年は何を植えるの?と訊くと、

孫の為にイチゴ畝を増やすと言う。

そうなればーー腰痛ながらスコップで畑おこしをするしかない。

オコシテ、バンバン、ザクザク、と一汗して一休みしていると、

昔馴染みが現れた。

ゆったりと庭を横断して行った。

僕が活躍して調和が取れてます!とアピールなのだろう。

庭の野鼠が蔓薔薇の樹皮を食い荒らしたのを思い出した。