half36

リタイアゴルファーのつぶやき

全米オープンと全英オープンと日本オープン

今日もと言うか今朝も睡眠付き徹夜で全米オープンを観ていた。

松山英樹が思うように行かないのを見て、

難しいコースセッティングだと実感して、

Dジョンソンを観ていて全米オープンと全英オープンを考えた。

以前にブログに書いた事があるが、

狭いフェアーウェーを恐れてドライバーでショットさせず、

深いラフばかりを意識させる設定はゴルフを楽しませない…

全米オープンを観ていて感じたことを書いたが、

今回は観ていてUSGAが何を求めているのか分かった気がする、

全米オープンは全英オープンを意識して開催されたトーナメントだが、

全英オープンは自然を受け入れてがコンセプトだが、

全米オープンは自然ををねじ伏せるコンセプトなのだ。

フロンティア精神こそアメリカなのだ!と言うことなのだろう。

一方、我が日本オープンはナニナニ精神と書きたいが、

今回の片山問題が如実に表している。

島国根性と田舎大将とコキおろしたい。

オマケに片山以上の俗物ビックネームの一言も腹立たしい。

目糞が鼻糞に説教するレベルが日本オープン複数回覇者なのだ。

加えるなら、片山の懲罰は永久シード剥奪とすべきだ。

コレくらいしないと日本の男子プロゴルファーは変わらない。

それが出来ないJGTOならLPGAの管理下に置くべきだ。